よくある質問

自宅用のパソコンにマイクロソフトオフィスは必要?

更新日:


ノートパソコンを購入する際に、マイクロソフトオフィス付きモデルにしようか迷っていませんか?

家電量販店でパソコンを購入する時は、店頭に置いてある状態を変更することができませんが、インターネット通販で買えるノートパソコンは、マイクロソフトのオフィスの有無から、オフィスのグレード(エディション)を自由に選ぶことができる機種がほとんど。

自分の使用目的に合わせてカスタマイズできるのはインターネット通販の大きなメリットですが、その一方、マイクロソフトオフィスは、各エディションによって使えるソフトが異なったり、更新料が必要となるタイプもあるのでどれを選んだら良いのか非常に分かりにくいと思います。

そこで今回は

  • オフィスの各エディションで使えるソフトの一覧
  • 更新料が必要な「オフィス365 Solo」のメリットやデメリット
  • オフィス無しでも大丈夫!代わりに使える便利なツール

など、マイクロソフトオフィスについて役立つ情報を分かりやすくまとめてみました。

マイクロソフトオフィスの選び方に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて下さい。
[toc]

一目で分かる!各エディションで使えるソフトの一覧

マイクロソフトオフィスの各エディションで使用できるソフトは以下の通りです。

Office 365 Solo Professional Home&Business Personal
ワード
エクセル
アウトルック
パワーポイント ×
OneNote ×
Publisher × ×
Access × ×
使用可能台数 6台(※1) 2台 2台 2台
参考価格 11,800円(1年更新) 58,000円 34,000円 29,252円

※1 Windows PC 2台、タブレット 2台、スマホ 2台まで

Accessが必要な人は「Office Professional」
パワーポイントが必要な人は「Office Home&Business」
エクセル、ワードだけでOKなら「office Personal」

を基準としてオフィスのエディションを選べば良いでしょう。

この3つのエディションは買い切りタイプになるので何年利用しても追加料金は発生しませんが、オフィスのバージョンアップには対応することができません。

ちなみに「OneNote」はエバーノートのようなデジタルノートアプリ、「Publisher」は簡易DTPソフトですが、私は一度も利用したことありませんし、周りで使っている人は誰もいません。

特別な用途がなければ使わないソフトなので、入っていなくても問題ない人がほとんどだと思います。

オフィス365 Soloのメリットとデメリット

「オフィス365 Solo」とは、1年単位で更新料が必要となるタイプのオフィスになります。

オフィス365 Soloのメリット

・常に最新版のオフィスを使うことができる
・すべてのオフィスソフトを使うことができる
・One Drive を1TBまで利用可能
・Skypeからの固定電話、携帯電話の通話が60分無料
・オフィスのテクニカルサポートが利用できる
・最大6台までオフィスを利用することができる

オフィス365 Soloのデメリット

・1年ごとに更新料が必要となる(更新料 11,800円)

一見すると「オフィス365 Solo」にはメリットがたくさんあるかのように見えますが、その内容をよく検証してみるとオフィスのライトユーザーには、あまり魅力が感じられない特典ばかり。

自宅で使うパソコンなら、オフィスのバージョンはさほど重要ではないと思いますし、Skypeで電話をしている人もかなり少数派になるでしょう。

オフィスのテクニカルサポートに至っては、何を聞いたら良いのか質問自体が思い当たりません。

最大6台まで使えるといっても、PC2台、スマホ2台、タブレット2台という制限があるので、仮に6台パソコンを持っていたとしてもオフィスが使えるパソコンは2台だけです。

唯一のメリットは、オンラインストレージサービスの「One Drive」が1TBまで利用できる点ですが、これも無料で使える「グーグルドライブ」や「ドロップボックス」で十分に代用可能です。

現在の「オフィス365 Solo」の更新料だと、3年以上パソコンを使い続けるならば買い切りタイプの「Office Home&Business」を選んだほうがコスパ的には優れます。

正直な所、オフィスの利用頻度が高くないのなら「オフィス365 Solo」を選ぶ必要なし!

  • 1年間だけオフィスが使えれば良い人
  • 仕事の関係で常に最新版のオフィスを使う必要がある人
  • 自宅でもAccessを使う必要がある人

という人以外は、「Home&Business」か「Personal」を選ぶのがオススメです!

これは便利!オフィスの替わりに使えるソフト

自宅用のパソコンにオフィスはいらない!という人でしたら、オフィス無しのパソコンを選ぶだけで数万円も安くノートパソコンを購入することができます。

ですが、頻繁ではないけれどオフィスを使う可能性がある人でしたら、そこまで踏み切って良いのか迷ってしまうかと思います。

そんな人達に紹介したいのがこの2つの方法。

完全互換があるわけではありませんが、住所録や家計簿、年賀状程度のカンタンな作業なら、十分にオフィスの代用として機能しますよ。

グーグルドライブ


「グーグルドライブ」とはグーグルのアカウントを開設すれば使用できるオンラインストレージサービスになります。

オンラインストレージの機能として、15GBまでの容量を無料で利用できますが、グーグルドライブには、ストレージ機能以外にもオフィスの代わりとして使うことができる3つのツールが用意されています。

「グーグルドキュメント」 ⇒ ワードと同様の機能
「グーグルスプレッドシート」 ⇒ エクセルと同様の機能
「グーグルスライド」 ⇒ パワーポイントと同様の機能

どれもオフィスと似たようなインターフェイスを採用しているので、今までオフィスを使ったことがある人なら、直感的に利用すること可能です。

作成したドキュメントはグーグルドライブに自動保存されるので、うっかり更新を忘れてしまう恐れもなし。
エクセルやワードで作成されたファイルも読み込むこともできるので、他のパソコンとのデータ連携もOKです。

複雑な関数やグラフ等の作成については本家のオフィスにかないませんが、たいていの作業ならグーグルドライブで代用できますよ。

キングソフト Office 2016 Personal

「キングソフト Office 2016 Personal」とは、ワープロ機能と表計算機能で構成されるソフトウェアになります。

マイクロソフトオフィスのエディションだと「Personal」に該当しますが、その使用感はマイクロソフトオフィスを徹底的に意識している為、ほぼ同じような感覚で使うことができるソフトウェアになります。

特筆すべきなのはその価格。

「キングソフト Office 2016 Personal」はアマゾンにて3,000円前後で購入することが可能です!

作成されるドキュメントの拡張子もオフィス2016と同じなので、データ連携も問題無し。

グーグルドライブはインターネットに接続していないと使えませんが、キングソフトはパソコンにインストールするタイプなのでオフラインでも使用可能です。

このソフトはアマゾンでの評価も高いので、急遽オフィスが必要になった人は一度キングソフトのオフィスを検討してみることをオススメします!

マイクロソフトオフィスついてのまとめ!

マイクソフトオフィスにはいくつかのバリエーションがありますが、「エクセル」と「ワード」だけで良いなら「Personal」を選べば十分です。

パワーポイントが使いたい人は、「Home&Business」を選ぶようにしましょう。

「オフィス365 Solo」は毎年の更新費用を考えると、ライトユーザーには必要がないと思います。

パソコンの使用目的がゲームやYouTube、インターネットがメインなら、高額なマイクロソフトオフィスを入れない!という選択肢を選ぶのも十分にアリではないでしょうか。

特にグーグルが提供している「ドキュメント」や「スプレッドシート」はすべて無料で利用できるのでコスパは最高!

自宅で使うパソコンなら、十分にオフィスの代用として機能するスグレモノです。

ノートパソコンは昔に比べるとだいぶ安くはなりましたが、それでもまだ高額な商品であるのは間違いありません。

少しでも安くノートパソコンを手に入れたい人は、ぜひオフィス無しのノートパソコンも検討してみて下さい。

当サイトの人気記事

中古パソコン 1

パソコンが壊れたけど、突然のできごとだったので予算が無い! 子供用のパソコンなので、新品はいらない! そんなときに候補にあがるのが中古パソコンですね。 中古パソコンの一番の魅力は、なんといってもその価 ...

2

2009年10月に発売され人気OSとなったWindows7ですが、ついにサポート終了となる日が近づいてきました。 Windows7のサポート終了日 2020年1月14日 私の会社でもWindows7の ...

3

最近はビジネスマンや学生を中心に2in1パソコンが人気ですね。 2in1パソコンとは? 仕事で使う場合はノートパソコン、電車の中ではタブレットのように、さまざまなシーンに合わせて使い方を変えることがで ...

4

外出先や学校でもノートパソコン使う機会が多いなら、持ち運びがラクな軽いパソコンを選ぶのが正解! 私は「東芝ダイナブック T75」というノートパソコンを持っていますが、このパソコンの重さは約2.3kg。 ...

5

パソコンの使い道はインターネットがメイン! YouTubeなどの動画再生 インスタやfacebookなどSNSへの投稿 2台目のサブマシンとして とにかく安いパソコンが欲しい! という方にお勧めのノー ...

-よくある質問
-, , , ,

Copyright© ノートパソコン購入ナビ , 2018 All Rights Reserved.